商品検索

希望する成分名または商品名を入力してください。「購入履歴」・「お気に入り商品」は、マイページで閲覧できます。

デポプロベラ BEL製 (メドロキシプロゲステロン)

※下部「注意事項」をご確認の上お申込みください

3,000 円 ~ 4,600 円 送料込み

加算ポイント:60pt92pt

商品コード: DIS-007144 ~ DIS-007146

選択してください
セット数 
  • 他店より高い場合はご相談ください

デポプロベラ BEL製 (DepoProvera) について

製品名
デポプロベラ BEL製 (DepoProvera)  
成分名
メドロキシプロゲステロン (Medroxyprogesterone)  
主成分含有量
150mg / ml 
製造元
Pfizer
製造国
Belgium 
参考情報
 
注意事項
デポプロベラ BEL製の情報については以下の点にご注意ください。
・ デポプロベラ BEL製の使用方法・用法・用量については、あくまでも目安となります。
・ デポプロベラ BEL製の効果効能は個人差があります。
・ デポプロベラ BEL製で不調を感じたら医師に相談してください。  

デポプロベラ BEL製 (DepoProvera) の通販・個人輸入について

  • デポプロベラ BEL製は個人使用目的に限り個人輸入が認められます。
  • デポプロベラ BEL製の用法用量は公式サイトでご確認ください。
  • デポプロベラ BEL製は発送国より航空便でのお届けとなり、デポプロベラ BEL製の納期の目安は手配より7日から20日程度となります。(通常10日~14日程度での到着が多く見られます)
  • 原則、デポプロベラ BEL製の配達希望日は指定できません。
  • 外装や運送状に品名は表示されず、Helthcare product等と表記され、デポプロベラ BEL製と記載されません。

注意事項

本商品は個人輸入同意書のご提出が必須です。
ご注意事項・免責事項等がございます為、必ず個人輸入同意書についてをご確認ください。
お申込み後、個人輸入同意書テンプレートをダウンロードし、ご記入ご捺印の上ご返送いただけますようお願い致します。
※必ずご自筆での記載をお願い致します。自筆以外の記入、捺印の無い場合は記入不備として再送いただきます。
※同意書に記載する商品名は規格名まで記載いただけますようお願い致します。

お支払に関しまして:
【後払い】でのお支払はお受け出来かねます。
ご注文時のお支払方法は【先払い】をご選択ください。


デポプロベラ(DepoProvera)について

Pfizer製造の黄体ホルモン薬、メドロキシプロゲステロンの注射薬です。

メドロキシプロゲステロン(Medroxyprogesterone)とは

黄体ホルモン薬です。
黄体ホルモンの不足やバランスの崩れで起こるいろいろな症状を改善します。

メドロキシプロゲステロン(Medroxyprogesterone)の適応について

国内では

 ・無月経
 ・月経周期異常(稀発月経、多発月経)
 ・月経量異常(過少月経、過多月経)
 ・機能性子宮出血
 ・黄体機能不全による不妊症
 ・切迫流早産
 ・習慣性流早産

の治療に用いられています。

メドロキシプロゲステロン(Medroxyprogesterone)の副作用

下記が報告されています。

重大な副作用として...

 ・血栓症
 ・うっ血性心不全
 ・ショック
 ・乳頭水腫

その他の副作用として...

 ・過敏症注):発疹
 ・肝臓:肝機能の異常、黄疸
 ・電解質異常:浮腫、体重増加
 ・消化器:腹痛、悪心・嘔吐、腹部膨満、食欲不振、下痢
 ・精神神経系:めまい、頭痛、眠気、神経過敏、不眠、抑うつ
 ・内分泌:乳房痛、月経異常、子宮出血、乳汁漏出、満月様顔貌、無月経、子宮腟部びらん、帯下の変化
 ・糖代謝:耐糖能異常
 ・全身症状:悪寒、けん怠感、発熱
 ・皮膚・粘膜:脱毛、多毛、ざ瘡、そう痒感、じん麻疹

メドロキシプロゲステロン(Medroxyprogesterone)の注意喚起

下記が報告されています。

併用注意として…

 ・ホルモン剤

使用禁忌として…

 ・脳梗塞、心筋梗塞、血栓静脈炎等の血栓性疾患又はその既往歴のある患者
 ・重篤な肝障害・肝疾患のある患者
 ・診断未確定の性器出血、尿路出血のある患者
 ・稽留流産
 ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

慎重投与として…

 ・心疾患・腎疾患のある患者又はその既往歴のある患者
 ・うつ病又はその既往歴のある患者
 ・てんかん又はその既往歴のある患者
 ・片頭痛、喘息、慢性の肺機能障害又はその既往歴のある患者
 ・糖尿病の患者
 ・ポルフィリン症の患者

妊婦、授乳婦等への投与

 ・大量又は長期投与を避けること。
 ・黄体ホルモン剤の使用と先天異常児出産との因果関係はいまだ確立されたものではないが、心臓、四肢等の先天異常児を出産した母親では、対照群に比して妊娠初期に黄体又は黄体・卵胞ホルモン剤を使用していた率に有意差があるとする疫学調査の結果が報告されている。
 ・授乳婦に投与する場合には授乳を中止させること。


参考情報.UCSF - トランスジェンダーケア エストロゲンホルモン療法に関する情報より引用

※機械翻訳
多くの人がホルモンの変化を早急に起こすことを切望しています。 ただし、変更の程度と割合はさまざまな要因によって左右されることを忘れないでください。 これらの要因には、あなたの遺伝学、あなたがホルモンを摂取し始める年齢、そしてあなたの全体的な健康状態が含まれます。
ホルモン療法の効果を2番目の思春期として考えてください。思春期は通常、完全な効果が見られるまでには何年もかかります。 より高用量のホルモンを摂取することは必ずしもより速い変化をもたらすわけではありませんが、それはあなたの健康を危険にさらす可能性があります。 そして、みんなが違うので、あなたの薬や投薬量はあなたの友人のそれ、あるいはあなたが本やオンラインで読んだことのあるものとは大きく異なるかもしれません。

参考情報.PMC - トランスジェンダー患者に対するホルモン療法より引用

※機械翻訳
トランスジェンダー女性のためのホルモン療法は、脂肪分布の変化、乳房形成の誘発、男性型発毛の減少によって患者を女性化することを目的としています( 11 )。 エストロゲンは、トランス女性患者の主力療法です。 負のフィードバックループを介して、外因性療法は下垂体からのゴナドトロピン分泌を抑制し、アンドロゲン産生の減少をもたらします( 12 )。 エストロゲン単独では望ましいアンドロゲン抑制を達成するのに十分ではないことが多く、補助的な抗アンドロゲン療法も通常必要です。